どさんこです。

北の大地に育てられた24歳。感動を共有したがり。心動かされた日常の出来事。ゆる〜くいきます。

大切な同期の話 #3

とっても聞き上手なマイペース人間の話

 

 久々の更新⭐️

 

 f:id:honoka49smash:20170422132540j:image
 
こんばんは、ほのか(@honoka49smash)と申します。
北海道生まれ北海道育ち。
ほくほくの道産娘でございます。

 

1ヶ月ぶりの更新となりました。

 

といいますのもわたくし

 

今春社会人デビューしまして

北海道を飛び出し新生活をスタートさせております!

 

 大学時代の昼夜逆転生活から一変、

朝起きて夜寝るという

人間らしい生活スタイルをようやく身に付け

現在の暮らしに少しずつ慣れてきたところでございます。

 

で、気付いたら

前回の更新から1ヶ月。

 

はやっ!!!

 

時間の流れが早すぎて引きました。

 

大学のバドミントンサークルの

大切な同期の話、

学生時代との区切りをしっかり付けるためにも

最後までちゃんと書き留めたいと思います!

どうぞお付き合いくださいませ。

 

ふたりめは

とっても聞き上手なのにいつの間にか周りを置き去りにする、優しいんだか何なんだか分からない

超マイペース人間・B君の話です。

 

 

 

.。.:✽・゚+.。.:✽・゚+.。.:✽・゚+.。.:✽・゚+.。.:✽・゚+

 

 

1ヶ月前のブログで話したA君

次回登場予定のC君

 

この2人と同じく、B君は

大学1年の時にクラスが同じになり

同じサークルに入って仲良くなったうちの1人です。

 

B君は勉強のために2年の終わりに別キャンパスへ移動したので

思い出は2年分しかありません。

 

でも、

入学直後の時期に

クラスでもサークルでも、それこそ1日の大半を過ごしたB君たちとの時間は

とても濃くて刺激的でした。

 

.。.:✽・゚+.。.:✽・゚+.。.:✽・゚+.。.:✽・゚+.。.:✽・゚+

 

一緒に授業受けて、バドミントンして、

ごはん行って、遊びに行って、

 

たくさんの時間を過ごすうちに

わたくし気付いてしまいました。

 

B君は

時に周りが見えなくなるほどの

超マイペース人間でした。

 

約束も

お金無い…とか

急な予定が…とか

忘れ物した!!とか

それでB君だけいない、なんて何度もありました。

 

こんな言い方したらマイペースって言うより人としてみたいな感じになりますけども。

 

彼のマイペースぶりが存分に発揮されるのは

サークルの人たちと行く旅行の時です。

 

あそこ行きたい!!って言うだけ言って

無計画。

しかも行ったその場で言い出すから

決めてたプラン総崩れ\(^^)/

 

今思えばあのぐだぐだした時間もとっても良い思い出なんですけどね!

 

当時は全員めっちゃ振り回されてました。笑

 

.。.:✽・゚+.。.:✽・゚+.。.:✽・゚+.。.:✽・゚+.。.:✽・゚+

 

そんなB君ですが

わたしが特に好きな彼の一面があります。

 

 それは

 

びしっと核心をついて物事を言ってくれること!

 

なんか言いづらいことって

なんとなくオブラートに包んで言っちゃうじゃないですか。

もちろんそうするべき時もたくさんあるけど、

無駄に遠慮しちゃったりすることありますよね。

 

で、相手がそうしてくれてるのって

分かっちゃう。

相手の優しさなのがすごく分かる一方で

あー、気つかわれてるな

って思って

なんとなく壁感じてしまうんですよね。

 

B君は

そこらへんの使い分けがとっても上手です。

 

大学初期の頃はわたくしバドミントン漬けの生活を送ってまして

バドミントンするために生きてたような時期がありました。

 

B君はそれを知っててくれて

バドミントンやサークルのことに関しては

プレーから人間関係まで

客観的な意見を正直に言ってくれました。

 

.。.:✽・゚+.。.:✽・゚+.。.:✽・゚+.。.:✽・゚+.。.:✽・゚+

 

例えば2人で出かけた時のこと。

B君がキャンパス移動になるためお別れ前に遊びに行こう!ってかんじだったと思います

 

その時のわたしは

C君と少しの間だけ付き合って振られたことを気に病んで

ちょっと落ち込んでる時期でした

 

そこでB君が言った一言

 

「付き合ってたのってネタだよな!!」

 

………

 

おまえデリカシー無さすぎやろ!!!

 

いや落ち込みますよこれはさすがに。

傷口に塩塗られた感じでしたね。

 

でもね、ちょっと日にち経って落ち着いたら

考え変わってきたんです

 

あー、周りから見たらネタ程度のことなのか。って。

 

そしたらなんか、

すごーく気が楽になりました。

落ち込んでるの馬鹿らしくなりました。

 

あそこで変に気つかって優しいこと言われても

結局嘘だったら悲しくなるだけですもんね!

 

こういうことが何度かあって、

B君の言うことはある意味とっても信頼できるなーと

思うようになりました。

 

.。.:✽・゚+.。.:✽・゚+.。.:✽・゚+.。.:✽・゚+.。.:✽・゚+

 

そのうえB君は

とっても聞き上手です。

 

ずばっと言うだけじゃなくて、

B君はちゃんとわたしの話も聞いてくれて

そうだよね。って受け止めてくれました。

 

包容力みたいな。

 

同期の中でもB君とはいちばん会話のペースが合ってたような気がします。

 

それか、普段のマイペースさとのギャップに

やられてたかもしれないですね。笑

 

B君がキャンパス移動した後も

みんなとの旅行とかイベントで会った時には

その聞き上手に頼って

同期に関する相談にもたくさん乗ってもらいました

 

正直に言ったらわたしが本気で気にしてしまうことはあえて言わずに

一歩間違えれば自分の友達の悪口になるようなこともはっきり言って

わたしが正しいと思えばきちんと味方してくれてありがとう。

 

相変わらずすぐ会える距離にはいないけど

これからも仲良くしてくれるであろう友人のひとりだと信じています!

 

.。.:✽・゚+.。.:✽・゚+.。.:✽・゚+.。.:✽・゚+.。.:✽・゚+

 

やっぱり、楽しくてしょうがなかった時期に一緒にいた人や

本当につらかったとき助けてくれた人は心に残るものですね

 

わたしにとってはそれがA君、B君、C君。

 

お次はC君。

わたしがこの世でいちばん尊敬している真面目系クズ男です。笑

 

お付き合いいただいてありがとうございます!

 

ほのか